放射線技師の病院の立場

放射線技師とは一体どのような仕事なのだろうか

病院で働いているスタッフとは医師や看護師だけではありません。病気を見つけるにはレントゲンやMRI、マンモグラフィーなどの検査をしないと発見できないものがたくさんあります。これらの検査は医師が行うのではなく、専門の資格を持っている放射線技師が担当します。放射線技師の撮影した画像を見て、医師が病気かどうかを診断することになります。放射線というと被ばくについて心配する患者さんもたくさんいるのでなないかとは思います。実際には検査に使用される程度の放射線量では健康被害は起こらないのですが、これも健康を守りながら検査を完了させることが出来るように放射線技師がしっかり管理しているからなのです。この技術は一見すると非常に地味なのものですが、安全に検査するためには大切なことです。放射線技師の中でも医療の現場に携わる技師を医療放射線技師と呼びます。この仕事をするには養成課程のある大学で三年間指定された学習を受け、試験に合格する必要があります。養成課程とはどのようなものかはそれが設置している大学などで調べておきましょう。医療機関は夜勤 交替制の人たちも多く働いているので、コンディションは常に一定に保ってほしいところですね。



放射線技師の年収について

健康診断で受診する機会が多いレントゲン検査などを担当する放射線技師の年収は、だいたい500万ぐらいが相場となっています。月収は、35万ぐらいが平均でボーナスは勤務している病院によっても違いますが、だいたい80万前後が主流となっています。初任給は、地域にもよりますが25万ぐらいが平均相場になっています。勤務先も病院以外に医学研究所や放射線器メーカー、原子力発電所などもあります。勤務先の病院の給料規定によっては、月収50万以上貰えることも可能です。ベテランの放射線技師の場合は、年収700万から800万ぐらい稼ぐこともできます。病院によって年収はかなりかわってくるため、放射線技師の間では好条件の職場に転職する人も多いです。給料面でみると中小の病院よりも大学病院で勤務している放射線技師の方が恵まれています。乳がんの増加により、女性の放射線技師のニーズが高まっていますが、まだまだ男性の方が多く、年間の収入も高い傾向です。



診療放射線技師の国家試験はどのような仕組みか

診療放射線技師として医療機関で仕事ができるようになるには、毎年2月下旬に実施される国家試験に合格しなければなりません。診療放射線技師の国家試験は、文部科学大臣が指定した教育機関か、厚生労働大臣が指定した養成機関で3年以上学んだ者、もしくは学び終える見込みの者に受験資格が与えられます。外国の養成機関で診療放射線技師になるための勉強をしてきた者も、国内の機関で学び終えた者と同じかそれ以上の知識や技術があることが証明できれば受験することができます。国家試験は全国各地に試験会場が設けられて実施されます。試験問題は択一式となっており、医学の基礎知識や、放射線生物学や放射化学などの放射線に関連する専門科目、医用工学や画像工学、診療画像機器学などの画像処理や画像検査に関連する専門科目などから200問が出題されます。試験の結果は試験日から約1ヶ月後の3月下旬に発表され、このときに採点基準も公表されます。したがって合格ラインとなる得点はその年によって異なりますが、例年6割程度の正答率が合格の目安となっています。



診療放射線技師になる為に行くべき大学はどこか

診療放射線技師になるには国家試験に合格する必要がありますが、この国家試験の受験資格を得るためには、診療放射線を扱うための知識や技術を学べる大学を卒業しなければなりません。診療放射線技師国家試験の受験資格で必要となっている修習期間は3年以上ですが、大学に入学すれば少なくとも4年は修業することになるため、修習期間の条件を満たすことになります。診療放射線技師になるための知識や技術を学べるのは、学科名に「放射線」もしくは「診療放射線」という名称が使用されていることが多いです。ただし、この学科が属する学部については大学ごとに異なっており、ある所では医学部に属していたり、別のある所では保健学部に属していたりします。いずれにしても、学科名に「放射線」が使用されている所であれば、診療放射線技師になるために必要な教育課程が整備されていることが多いので、国家試験に臨むことを考えている人はここを目指して勉強すると良いでしょう。



現代医療に欠かせない放射線技師の仕事内容

放射線技師の仕事内容は、医師や歯科医師の指示を受けて、診断や治療を目的とした放射線を人体に照射して治療を施すことが挙げられます。放射線を使用するものには、健康診断などで使うレントゲンやCT、MRIなど病気を見つけるための検査装置の他に、がん細胞などの腫瘍を破壊する放射線治療が挙げられます。放射線技師の仕事内容は病院だけではありません。放射線に関して専門的な知識があるため、放射線技師は、原子力発電所や原子力の研究所・検査機関でも技士としての仕事があります。現代の日本において、がんは三大死因の1つです。がんを早期発見するには放射線を使ったCTやMRIが多く使われていますし、放射線治療ががん治療の1つとして使われていますから、これから放射線技師の仕事内容は必要不可欠になっていくでしょう。また放射線を使う技術をスキルアップすることで、乳がん検査をするマンモグラフィや、臓器や血管の状態を見るための造影X線検査など高度な技術が必要な検査に携わることができます。